So-net無料ブログ作成

女渕城跡 [石造物]

女渕城跡


女渕城跡_005.jpg


名称 女渕城跡
所在地 前橋市粕川町女渕1221
史跡指定 前橋市指定史跡
備考  女渕城 の築城年代は明確ではありません。戦国時代に赤城山南麓にあった城の一つで、全面が高い岸の自然の河川を水濠を用いた平城で、北曲輪、帯曲輪、本丸、二の丸、御霊曲輪(三の丸)、竜光寺曲輪などで構成され、城域は東西約200m、南北約450mを占めています。

 関東管領山内上杉氏の時代には、配下の豪族が居城していたと考えられています。
 天文21年(1552)に北条氏康の攻撃を受けた関東管領上杉憲政が越後の長尾景虎の元へ逃げ延びて以降は、周辺の赤城山南麓の城と同様に、北条氏、武田氏、長尾氏の三者の争奪戦になったものと考えられます。
 永禄2年(1559)に上杉謙信が女渕城を攻略攻し、配下の長尾顕長に与えられ、顕長配下の新井氏が居城しました。
 永禄12年(1569)沼田景義は父とともに兄の朝憲を殺しことを家臣に攻められ、会津の蘆名(あしな)氏をたよる。その後、上野金山城主由良国繁の助けをかりて天正9年(1581)3月沼田城の奪回をはかったが,真田昌幸の謀略により殺害された。
 天正6年(1578)に謙信の死後、越後上杉氏の勢力は急激に衰え、それに替わって武田氏がこの地域する。
 天正10年(1582)に武田氏が滅亡すると北条氏の勢力下になる。
 天正18年(1590)に豊臣秀吉の小田原征伐により北条氏が滅亡により、女渕城も廃城になったと考えられています。



主郭と二郭を西から_007.jpg 主郭と二郭

主郭北側_001.jpg 主郭北側

西曲輪_014.jpg 西曲輪

西宿沼_002.jpg 西宿沼

本丸と二の丸_008.jpg 本丸と二の丸

本丸跡_001.jpg 本丸跡

女渕城跡_006.jpg




普天間・辺野古 歪められた二〇年 (集英社新書 831A)

普天間・辺野古 歪められた二〇年 (集英社新書 831A)

  • 作者: 宮城 大蔵
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/04/15
  • メディア: 新書
Q&A 辺野古から問う日本の地方自治

Q&A 辺野古から問う日本の地方自治

  • 作者: 白藤 博行,亀山 統一,前田 定孝,徳田 博人 本多 滝夫
  • 出版社/メーカー: 自治体研究社
  • 発売日: 2016/05/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

タグ:史跡
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

赤城浅間神社 ・ 聖観世音堂 [石造物]

赤城浅間神社


赤城浅間神社 月田町_003.jpg


名称 赤城浅間神社
所在地 前橋市粕川町月田
史跡指定 なし
備考  

 


赤城浅間神社 月田町_004.jpg 


 創立は西暦千六百年(約四百年前)江戸時代初期慶長十七年九月十七日、富士仙元神宮を建立と古文書に記載されています。
 祖先石橋平左衛門が駿河国富士山の山頂にある富士山本宮浅間大社に七度登山を行い、大願成就を経て御祭神の木花咲耶姫命の御分霊を願い受けいたしました。この時代は富士講が盛んで、全国から富士登山が行われ、御祭神の御分霊を受け全国各地に浅間神社が建立されました。また同時に石橋平左衛門は時の領主越前國長岡牧野駿河守康成殿より御領地内の土地を願い受け、同村内に富士仙元宮を建立したとも記載されています。またこの宮は古くから"ふじけんさま"と呼ばれ、家内安全、五穀豊穣を願う守り神として地域の発展とともに、地域住民の皆様方の御慈愛を受けております。
平成十八年五月吉日


赤城浅間神社 月田町_005.JPG 青面金剛


赤城浅間神社 月田町_007.JPG 君が代石


 


 


聖観世音堂


聖観世音 粕川町女渕282−2_002.jpg


名称 聖観世音堂
所在地 前橋市粕川町女渕282-2
史跡指定  木造11面観音立像:群馬県指定文化財
備考 鳥居の扁額には「歸命觀自在大悲功德林」と刻まれている。


聖観世音 粕川町女渕282−2_005.jpg

聖観世音 粕川町女渕282−2_004.jpg

聖観世音 粕川町女渕282−2_009.jpg

聖観世音 粕川町女渕282−2_007.jpg 千手観音



noctn03.jpg


対訳 21世紀に生きる君たちへ

対訳 21世紀に生きる君たちへ

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 朝日出版社
  • 発売日: 1999/10/22
  • メディア: 単行本
共謀罪vs国民の自由―監視社会と暴走する権力 (学習の友ブックレット)

共謀罪vs国民の自由―監視社会と暴走する権力 (学習の友ブックレット)

  • 作者: 鈴木 亜英
  • 出版社/メーカー: 学習の友社
  • 発売日: 2017/04
  • メディア: 単行本

タグ:史跡 庚申塔
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

阿久沢家住宅 (国重文)・ 庚申供養塔 [石造物]

阿久沢家住宅


阿久沢家住宅 柏倉町_003.jpg


名称 阿久沢家住宅
所在地 前橋市柏倉町604
史跡指定 国指定重要文化財
備考   阿久沢家住宅は17世紀末ころの建造とされ、この地方では養蚕が盛んになる以前の建築様式で、 赤城山南麓に多く見られる赤城型民家より古い民家の形式で建築され、県内でも最古の民家の一つです。現在の建物は、昭和50年にリホームを行い創建当時を再現したものです。
  間取りは母屋、土間、座敷、納戸で構成され、天井には竹が使われています。
  阿久沢家は、江戸時代中期に、名主や組頭等をつとめた旧家です。
  赤城型民家は、赤城山南麓に多く見られ、屋根裏を養蚕に利用するために、茅葺き屋根の前面中央部を光と風を入れるために切り上げた建築様式です。

阿久沢家住宅 柏倉町_006.jpg阿久沢家住宅 柏倉町_007.jpg阿久沢家住宅 柏倉町_009.jpg阿久沢家住宅 柏倉町_010.jpg阿久沢家住宅 柏倉町_016.jpg阿久沢家住宅 柏倉町_014.jpg阿久沢家住宅 柏倉町_005.jpg


庚申供養塔


柏倉町1362−1_002.jpg


名称 庚申供養塔
所在地 前橋市柏倉町486
史跡指定 なし
備考  


柏倉町1362−1_004.jpg





C6J4y1AVMAEdYIe.jpg


憲法くん

憲法くん

  • 作者: 松元 ヒロ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/12/16
  • メディア: 単行本
君は憲法第8章を読んだか

君は憲法第8章を読んだか

  • 作者: 大前 研一
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/08/04
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宝塔 (2基)・ 三ケ尻道祖神 (前橋市粕川町深津) [石造物]

宝塔


五輪塔 粕川町深津1283_002.jpg


名称 宝塔
所在地 前橋市粕川町深津1283
史跡指定 なし
備考 粕川村第60号おとうか山古墳の東200~300m

 


宝塔


宝塔 粕川町深津546_002.jpg


名称 宝塔
所在地 前橋市粕川町深津
史跡指定 なし
備考 小さな小屋の北にあり、南の道路からは発見しずらい。

 


三ケ尻道祖神


三ケ尻道祖神搭粕川町深津1283_006.jpg


名称 三ケ尻道祖神
所在地 前橋市粕川町深津
史跡指定 なし
備考 「天保高遠産馬場住井上源次郎義郷」と銘が刻まれているはず、確認できませんでした。


三ケ尻道祖神搭粕川町深津1283_005.jpg

三ケ尻道祖神搭粕川町深津1283_008.jpg





C7Axv9RV0AAZQRn (1).jpg


国家の暴走 安倍政権の世論操作術 (角川oneテーマ21)

国家の暴走 安倍政権の世論操作術 (角川oneテーマ21)

  • 作者: 古賀 茂明
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2014/09/11
  • メディア: 新書
成長国家から成熟社会へ 福祉国家論を超えて

成長国家から成熟社会へ 福祉国家論を超えて

  • 作者: 碓井 敏正
  • 出版社/メーカー: 花伝社
  • 発売日: 2014/10/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

柏倉の双体道祖神 ・ 東昌寺石造薬師如来坐像 他 [石造物]

柏倉の双体道祖神


双胎同祖神 柏倉町_001.jpg


名称 柏倉の双体道祖神
所在地 前橋市柏倉町1321-3
史跡指定 市指定重要文化財
備考

「天明五之歳十一月吉日講中」天明5年(1785年)11月に造立と銘がある。

互いに肩に手をかけ、右手に銚子を持つ神と盃を持つ神の祝言像です。

昔はお寺にあったそうですが、先祖が米と交換して現在地に安置した。(赤城南麓交流村)      

道祖神は本来、集落や家に悪霊や病気の侵入を防ぐ目的で、集落の入口などに祀られていたので、元の場所に帰ったのかも知れません。


 双胎同祖神 柏倉町_004.jpg


双胎同祖神 柏倉町_003.jpg


双胎同祖神 柏倉町_005.jpg 近くにあった石仏です

双胎同祖神 柏倉町_006.jpg 近くにあった石仏です

 


東昌寺石造薬師如来坐像


 東昌寺 柏倉町_003.jpg 


名称 東昌寺石造薬師如来坐像/凝灰岩石仏
所在地 柏倉町1428-1
史跡指定 市指定重要文化財
備考

凝灰岩製のため風化がかなり進んでいる。


石造薬師如来坐像_022.jpg

石造薬師如来坐像_028.jpg 石造薬師如来坐像_029.jpg


 

東昌寺 柏倉町_004.jpg 

その他の石造物

東昌寺 柏倉町_009.jpg

宝篋印塔

 東昌寺 柏倉町_012.jpg

如意輪観音が彫られた二十二夜塔、寛政十一年(1799)

 青面金剛 高遠田中彦七_00002.jpg

青面金剛 宝塔 延享二年(1745)信州高遠 田中彦七の銘がある。

東昌寺 柏倉町_032.jpg

東昌寺 柏倉町_037.jpg

東昌寺 柏倉町_020.jpg

 





「治安国家」拒否宣言―「共謀罪」がやってくる

「治安国家」拒否宣言―「共謀罪」がやってくる

  • 作者: 斎藤 貴男
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 2005/06/01
  • メディア: 単行本
治安維持法の教訓――権利運動の制限と憲法改正

治安維持法の教訓――権利運動の制限と憲法改正

  • 作者: 内田 博文
  • 出版社/メーカー: みすず書房
  • 発売日: 2016/09/24
  • メディア: 単行本
C7AyFpJVoAE9kXd.jpg

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三夜沢の五輪塔群 ・ 石合薬師の石殿 ・ 山街道薬師 [石造物]

三夜沢の五輪塔群


三夜沢の五輪塔群_001.jpg


名称 三夜沢の五輪塔群 / 五輪塔
所在地 前橋市三夜沢町19
史跡指定 市指定重要文化財
備考

個人所有


三夜沢の五輪塔群_007.jpg


 


 


石合薬師の石殿


石合薬師の石殿 苗ヶ島町_001.jpg


名称 苗ヶ島石合薬師の石殿(石合薬師)
所在地 前橋市苗ヶ島町503
史跡指定 市指定重要有形民俗文化財
備考  

 


石合薬師の石殿 苗ヶ島町_002.jpg


    どちらの石殿が重要有形民俗文化財なのか分かりません。


石合薬師の石殿 苗ヶ島町_003.jpg


 


山街道の薬師如来坐像(山街道薬師)


石仏(山街道薬師).jpg


名称 山街道の薬師如来坐像(山街道薬師)
所在地 前橋市苗ヶ島町631-1
史跡指定 市指定重要有形民俗文化財
備考  


山街道薬師2.jpg





C6J4y1AVMAEdYIe.jpg


タグ:史跡
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鼻毛石の宝塔(赤城塔)・ 鼻毛石一本木の板碑群 [石造物]

鼻毛石の宝塔(赤城塔)


鼻毛石の宝塔_001.jpg


名称 鼻毛石の宝塔(赤城塔)
所在地 前橋市鼻毛石町963
史跡指定 市指定重要文化財
備考

台座から相輪の頂点まで約90cm


 


鼻毛石の宝塔_006.jpg


鼻毛石の宝塔_010.jpg


 


鼻毛石一本木の板碑群


鼻毛石一本木の板碑群_001.jpg


名称 鼻毛石一本木の板碑群
所在地 前橋市鼻毛石町766
史跡指定 市指定重要文化財
備考

元徳四年一月十八日(1332)

高さ67cm、幅28cm、上、左欠損

奥の茶色の板碑が市指定重要文化財



鼻毛石一本木の板碑群_004.jpg





noctn03.jpg


憲法の尊厳 奥平憲法学の継承と展開

憲法の尊厳 奥平憲法学の継承と展開

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 2017/05/23
  • メディア: 単行本

共謀罪の何が問題か (岩波ブックレット)

共謀罪の何が問題か (岩波ブックレット)

  • 作者: 高山 佳奈子
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2017/05/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

タグ:史跡 赤城搭
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

爪ひき不動尊 ・鼻石 [石造物]

爪ひき不動尊


爪ひき不動尊 鼻毛石_012.jpg


名称 爪ひき不動尊
所在地 前橋市鼻毛石町
史跡指定 市指定重要文化財
備考  弘法大師が東北地方に行く途中、近くの赤城神社に立ち寄った時、大石を見つけ、不動尊の姿を彫り、後世のご利益を願ったと、伝えがあるようです。
 群馬県は、昔はどこでも養蚕が盛んで、蚕の病気や繭がねずみに荒らされない様、不動尊を祀り、病気予防や、ねずみ退治の願を掛けたのでは。

 2mほどの石に、不動像が線刻されているとのことだが、雑草が茂り、よくわからなかった。
 名前からしてもはっきりしたものではないのかもしれない。


 


 爪ひき不動尊 鼻毛石_010.jpg


 爪ひき不動尊 鼻毛石_007.jpg


    この不動明王像ではないようです。


爪ひき不動尊 鼻毛石_003.jpg


 


鼻石


鼻石_001.jpg


名称 鼻石
所在地 前橋市鼻毛石町
史跡指定 なし
備考

ここから赤城山に向かってわずかに進んだところに、「八幡神社」が鎮座し、その大門跡らしい所に「鼻石」が存在。
赤城山が活火山だった頃、噴火に伴って、この場所に飛んできた巨石の様です。
鼻を下から見た形をした石で、鼻の穴に生えた草が鼻毛に似ているからこの土地が「鼻毛石」になったと伝わっている。



鼻石_005.jpg






C6J4y1AVMAEdYIe.jpg


国家の暴走 安倍政権の世論操作術 (角川oneテーマ21)

国家の暴走 安倍政権の世論操作術 (角川oneテーマ21)

  • 作者: 古賀 茂明
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2014/09/11
  • メディア: 新書
国家の暴走

国家の暴走

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/04/28
  • メディア: Audible版

タグ:史跡
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

柏倉丸山上野南渓の碑 / 丸山の碑 ・柏倉諏訪神社 [石造物]

柏倉丸山上野南渓の碑


丸山の碑 柏倉町_001.jpg


名称 柏倉丸山上野南渓の碑 / 丸山の碑
所在地 前橋市宮城町柏倉226
史跡指定 市指定重要文化財
備考

 上野南渓は この地出身の儒学者で、この石碑の選文・文筆を上野南渓が行ったとされている。
 文政2年(1819年)の建立で、天津神(あまつかみ)に対して称される、国津神(くにつかみ)の一つ猿田彦を祀った記念碑です。

碑文
  憔比の拳の如き石は丸くして一顆の珠に似たり、之を呼んで丸山と曰う。形を同じうし象を容る。幽僻の地なりといえども晴景最も佳なり。朝に暾光の昇るを迎え、昏には斜陽の影を送る。目を拳ぐれば赤城の高岳嶕嶢として霞を帯び天を摩し雲をしのいで突出す。其の勢三郡ろ覆圧す。渓川は涓々として月を涵す。瑤流盤回し水は潺緩として雅琴を奏ずるがごとし。遠眸の窮まるところ駿陽の富山遥かなる観に入る。西南の一大川は浩渺として天に接す。霧は回檣の収まり軽帆は織るが如し。刀称の夕はうららかなり。炯嶂翠微千態万状画図も如かず。
 地はかたよるといえども泉は甘く土は肥え禾黍は数畝の水田にみつ。山間の霊気日日氤氳たり。
謹んで伊勢の狭長田五十鈴、川上の興玉神祠を鎮際し奉る。諟らかに天孫降臨の時の先駆け神なり。永く恭敬せんがために邨侶の不退の誠心を発する数輩之を蓋簪し力を合わせ砂を運び土を搬び石を曳き工をやとい碣石に彫り以って之を勒す。
鉐に曰く海陸行啓先駆の功勢州の不蹟黎民竦崇す後世の懿範たり。

 万古の遺風妙験端的たり。発毓和調 休嘉安静に禔福享け通ず赫々たる高朗明々として融くる有り。願うところは必ず得、祈る所は空しからず。神徳は悠遠にして天壊と窮りなし。


 


柏倉諏訪神社


 諏訪神社 柏倉町_002.jpg


名称 柏倉諏訪神社
所在地 前橋市柏倉町1023-1
史跡指定 馬頭観世音懸仏  市指定重要文化財
歌舞伎舞台  市指定重要文化財
備考

懸仏(かけぼとけ)
平安中期の神仏習合信仰から生まれた特殊な形式の像で、鏡を神社に奉納するが、これが寺院にもされ、表面に神仏像を毛彫りする鏡像が平安時代から始り、柱や壁にかけて礼拝出来るようにした。



諏訪神社 柏倉町_004.jpg

諏訪神社 柏倉町_007.jpg

諏訪神社 柏倉町_003.jpg


諏訪神社 柏倉町_008.jpg 諏訪神社 柏倉町_009.jpg諏訪神社 柏倉町_015.jpg

諏訪神社 柏倉町_017.jpg






C6J4y1AVMAEdYIe.jpgC7AyFpJVoAE9kXd.jpg


徹底検証 日本の右傾化 (筑摩選書)

徹底検証 日本の右傾化 (筑摩選書)

  • 作者: 塚田 穂高
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2017/03/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
共謀罪の何が問題か (岩波ブックレット)

共謀罪の何が問題か (岩波ブックレット)

  • 作者: 高山 佳奈子
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2017/05/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

タグ:史跡 石碑
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

斉藤多須久翁の碑 [石造物]

斉藤多須久翁の碑


斉藤多須久翁の碑 _007.jpg


名称 斉藤多須久翁の碑
所在地 苗ヶ島町1061-1
史跡指定 市指定重要文化財
備考

斉藤多須久
 前橋藩主、酒井公が領内総検地のため苗ヶ島村に来た際、苗ヶ島村の名主 東宮平右衛門が赤城山中で湯宿を経営していたが、温泉営業を願い出ました。
 しかし、翌年の元禄3年、三夜沢赤城神社神官より、温泉場は神領で、苗ヶ島村の百姓共が勝手に神領に入り、湯宿を経営していると幕府に訴えを出します。
また、温泉が冷泉のために暖める必要があるので、周囲の山中の木を切り、薪にしておりました。室沢村(旧粕川村)の石原孫兵衛は前橋藩の認可を得て炭の大規模な生産をしていたこともあり、赤城南麓の森林が失われ、水害が多発するなど、赤城南麓周辺の村の住民は、湯宿の者たちが勝手に木々を伐採するから里村に水が来ない、と藩に訴え出ました。
 藩の許可を得ている石原孫兵衛は訴えられないので、その責任を時の苗ヶ島村の名主 東宮家に向けたが、しかし、藩は何度訴えてもその訴えを退け、騒動が起きる度に温泉場は放火(6回以上)され、明治に入っても続きます。
 その解決の為に県令が自ら現地視察に訪れ、東宮家と県令との仲介の労をとったのが斉藤翁です。


 


斉藤多須久翁の碑 _001.jpg斉藤多須久翁の碑 _004.jpg 


石祠  (苗ヶ島町)


苗ヶ島町1062_003.jpg




C6J4y1AVMAEdYIe.jpg


監視社会の未来―共謀罪・国民保護法と戦時動員体制

監視社会の未来―共謀罪・国民保護法と戦時動員体制

  • 作者: 纐纈 厚
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/09
  • メディア: 単行本
住基ネットと監視社会

住基ネットと監視社会

  • 作者: 田島 泰彦
  • 出版社/メーカー: 日本評論社
  • 発売日: 2003/08
  • メディア: 単行本

タグ:史跡
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
木げの散歩道