So-net無料ブログ作成
検索選択

東宮家の石垣 / 苗ケ島の芭蕉句碑 [石造物]

東宮家の石垣


 東宮家の屋敷石垣_002.jpg


名称 東宮家の石垣
所在地 前橋市苗ヶ島町1117-1
史跡指定 なし
備考

石垣は、江戸時代後期中心に町人文化が発展した文化文政時代(1804年-1830年)、名工と謳われた伊那の黒鍬の忠蔵が積んだ記録がある。


 


東宮家の屋敷石垣_004.jpg


苗ヶ島の芭蕉句碑_001.jpg 


 


苗ケ島の芭蕉句碑


 苗ヶ島の芭蕉句碑_005.jpg


名称 苗ケ島の芭蕉句碑
所在地 前橋市苗ヶ島町1117-1
史跡指定 市指定重要文化財
備考  


苗ヶ島の芭蕉句碑_003.jpg





現代思想 2016年2月臨時増刊号 総特集◎辺野古から問う (青土社)

現代思想 2016年2月臨時増刊号 総特集◎辺野古から問う (青土社)

  • 作者: 石川文洋
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • 発売日: 2016/01/22
  • メディア: ムック
憲法の急所──権利論を組み立てる 第2版

憲法の急所──権利論を組み立てる 第2版

  • 作者: 木村 草太
  • 出版社/メーカー: 羽鳥書店
  • 発売日: 2017/03/30
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

石灯籠/赤城山常夜灯 [石造物]

石灯籠/苗ケ島町の赤城山常夜灯


石灯籠_002.jpg


名称 石灯籠/苗ケ島町の赤城山常夜灯
所在地 前橋市苗ヶ島町1100-1
史跡指定 市指定重要文化財
備考

この石灯籠は、道の反対側の苗ヶ島町集落センターの場所に金剛寺の「六地蔵」と共にあったものを現在の場所にに移築したものです。
この塔は安政2年(1855年)の江戸大地震で倒壊したものを、明治28年に再建されたのです。



石灯籠_003.jpg

石灯籠_006.jpg





戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ): 辺野古・高江からの祈り

戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ): 辺野古・高江からの祈り

  • 作者: 三上 智恵
  • 出版社/メーカー: 大月書店
  • 発売日: 2015/06/10
  • メディア: 単行本
日本の科学者 47ー12 特集:原発再稼働を問い直す

日本の科学者 47ー12 特集:原発再稼働を問い直す

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本科学者会議
  • 発売日: 2012/12
  • メディア: 単行本

タグ:史跡 石灯籠
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

稲荷神社(前橋市馬場町)の石造物 [石造物]

馬場の石造馬頭観世音立像


 石造馬頭観世音立像 馬場町_005.jpg


名称 馬場の石造馬頭観世音立像
所在地 馬場町67-1
史跡指定 市指定重要有形民俗文化財
備考

観音のほとんどは優しい顔(慈悲の相)が普通ですが、馬頭観音は「馬の頭をもつ」の意味で頭上に馬の頭を載せた容姿です。怒っているような怖い顔(忿怒相)をして、畜生道(生前の悪行のむくいで死後に落ちる畜生の世界・境遇)に苦しむ修生の救済にあたるとされる観音です。
江戸時代になると、馬頭観音は農耕馬などの動物の守護神として、また旅の安全を護る菩薩として信仰を集め、各地で馬頭観音が造られた。
この馬頭観音は石造で、三つの顔と六本の腕を持つ三面六臂で、憤怒相で表されている。手には剣や蓮華などの持物を持ち胸の前で印を結んでおり、非常に丁寧なつくりで、信州の石工名も刻まれている。


 


石造馬頭観世音立像 馬場町_003.jpg 石造馬頭観世音立像 馬場町_011.jpg


石造馬頭観世音立像 馬場町_006.jpg


石造馬頭観世音立像 馬場町_010.jpg


石造馬頭観世音立像 馬場町_007.jpg


 


 


あ・うん石仏


 稲荷神社 馬場町_001.jpg


名所 あ・うん石仏
所在地 馬場町29-1 稲荷神社
史跡指定 市指定重要文化財
備考

「あ・うん」は一対のものを指し示す言葉としても用いられている。神社仏閣に置かれた狛犬や仁王像など、口を開けた「阿形」、口を閉じた「吽形」の一対の像として使用されている。
この石像は風化が著しいが、対で作られたものと考えられ、この地域の歴史を伝えている。



あ・うん石仏 馬場町_002.jpg


稲荷神社 馬場町_012.jpg




小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識をいっきに身につける―これだけは知っておきたい70のポイント

小学校社会科の教科書で、政治の基礎知識をいっきに身につける―これだけは知っておきたい70のポイント

  • 作者: 佐藤 優
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: 単行本
政治学・行政学の基礎知識 第3版

政治学・行政学の基礎知識 第3版

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 一藝社
  • 発売日: 2014/10/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

馬場の馬頭観音の碑/馬頭観音石塔 [石造物]

馬場の馬頭観音の碑


 馬頭観世音搭 馬場町_003.jpg


名称 馬場の馬頭観音の碑/馬頭観音石塔
所在地 前橋市馬場町67-1
史跡指定 市指定重要有形民俗文化財
備考

馬頭観音は、畜生道に苦しむ修生の救済にあたるとされる観音で、時代が変わるにつれ「馬頭観世音」などと文字が刻まれるようになった。
文字塔には、馬頭観音・馬頭観世音・馬頭観世音菩薩・馬頭明王・馬頭大士・馬頭尊などと刻まれたものがある。



馬頭観世音搭 馬場町_004.jpg馬頭観世音搭 馬場町_009.jpg





石仏・石の神を旅する (楽学ブックス)

石仏・石の神を旅する (楽学ブックス)

  • 作者: 吉田 さらさ
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2013/02/27
  • メディア: 単行本
日本の石仏 第159号(2016年秋) 特集:道祖神の祖型

日本の石仏 第159号(2016年秋) 特集:道祖神の祖型

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本石仏協会
  • 発売日: 2016/10
  • メディア: 単行本

タグ:石仏 史跡
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高遠石工・馬場の大燈籠 [石造物]

高遠石工



高遠石工は、現在の長野県伊那市高遠町周辺の石工集団で、1187年(文治3年)に源頼朝から代々石細工職人として日本国内で仕事が出来るとの許可を得たとされています。発祥は中世頃と推定されている。
江戸時代初頭より広域的な活動をし、全国を行脚しており、青森県から山口県まで旅稼ぎをし、江戸城工事にも従事した記録があります。
江戸時代の高遠藩は小藩で、財政的にも苦しかったため、藩の政策として、石工の旅稼ぎを奨励し、石工の技術を習得させ、高遠藩の統制下におかれ、当国組と旅稼組とがあり、旅稼組のものたちは諸国の石工とも交流をはかり技術の研鑽に励んだと言われています。
また、旅先から帰らない者や出稼ぎ先で石屋を開業し、脱藩し「高遠」を隠してその地に居着いた石工などもいました。
石工たちの取り組む姿勢は芸術家さながらであったとも、あくまでも職人であったとも言われ、18世紀が最盛期で、明治になり廃れ、現在まで高遠石工による作品は地元の伊那谷周辺をはじめ、日本各地に多く残され、特に安曇野に多い石像道祖神の多くは高遠石工によるものである。
高遠石工の技術は優れ、出張先で石仏や石塔、石橋、鳥居、石垣など様々な石造物を造り、人々の心を捉え、江戸時代中期にはその名が全国にとどろくようになりました。


 


馬場の大燈籠


名称 馬場の大燈籠
史跡指定 前橋市史跡
所在地 前橋市馬場町56-2
備考

赤城山に向かって右に入ると稲荷神社がありますが、昔は観音寺があったそうです。
また、左を直進すると全国に約300社ある赤城神社の、本宮と推測される三夜沢赤城神社が鎮座しているなどから、これらに参拝する人々の為に高遠石工の手による大灯籠を建てられたことは、この村は古くから栄えていた事を物語っていると思うます。

天保二 信州伊奈手良郷 中坪村 石工 中山庄左衛門重安 と刻まれています。


馬場の大燈籠 馬場町_001.jpg 馬場の大燈籠 馬場町_002.jpg


馬場の大燈籠 馬場町_008.jpg 馬場の大燈籠 馬場町_011.jpg


馬場の大燈籠 馬場町_007.jpg





pracan-np_2.jpg



「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)

「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)

  • 作者: 足立昌勝
  • 出版社/メーカー: 三一書房
  • 発売日: 2017/04/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
「共謀罪」なんていらない?! ---これってホントにテロ対策?

「共謀罪」なんていらない?! ---これってホントにテロ対策?

  • 作者: 山下幸夫
  • 出版社/メーカー: 合同出版
  • 発売日: 2016/12/15
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

庚申塚古墳/ 粕川村第61号庚申塚古墳、粕川村第62号庚申塚古墳 [古墳]

 


粕川村第61号庚申塚古墳、粕川村第62号庚申塚古墳


 庚申塚古墳 粕川村第61,62号_002.jpg 北東から


 


名 称 庚申塚古墳/ 粕川村第61号庚申塚古墳、粕川村第62号庚申塚古墳(上毛古墳綜覧)
史跡指定 なし
所在地 前橋市粕川町深津
古墳群  
築造年代  
墳 形 円墳
大きさ 第61号墳:大きさ120尺(約36.4m)、高さ5尺(約1.5m)
第62号墳:大きさ90尺(約29.6m)、高さ12尺(約3.9m)
葺 石  
埴輪配列  
周 溝  
埋葬施設  
石 棺  
出土遺物  
調査歴  
備 考 右手前の墓地が第61号墳、左奥が第62号墳らしいが、明確な墳丘は見られない。




C7AyFpJVoAE9kXd.jpg


新共謀罪の恐怖: 危険な平成の治安維持法

新共謀罪の恐怖: 危険な平成の治安維持法

  • 作者: 平岡 秀夫
  • 出版社/メーカー: 緑風出版
  • 発売日: 2017/02/28
  • メディア: 単行本
監視社会の未来―共謀罪・国民保護法と戦時動員体制

監視社会の未来―共謀罪・国民保護法と戦時動員体制

  • 作者: 纐纈 厚
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/09
  • メディア: 単行本

タグ:円墳
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

前橋市粕川町新屋の道祖神 [石造物]

庚申塔


粕川町新屋346_001.jpg 粕川町新屋346_007.jpg 


道路沿いに並ぶ庚申塔


宝篋印塔


 粕川町新屋346_003.jpg


十二夜搭


 粕川町新屋346_004.jpg


千手観音菩薩のようです。


粕川町新屋346_005.jpg





「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)

「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)

  • 作者: 足立昌勝
  • 出版社/メーカー: 三一書房
  • 発売日: 2017/04/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
「共謀罪」なんていらない?! ---これってホントにテロ対策?

「共謀罪」なんていらない?! ---これってホントにテロ対策?

  • 作者: 山下幸夫
  • 出版社/メーカー: 合同出版
  • 発売日: 2016/12/15
  • メディア: 単行本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お地蔵さん、庚申塔 [石造物]

前橋市鼻毛石町の地蔵菩薩

 d鼻毛石町_001.jpg

d鼻毛石町_003.jpg 

 頭髪を丸め、右手に錫杖、左手には宝珠を持つことから、地蔵菩薩と思います。

 

前橋市粕川町の庚申塔

庚申塔群と庚申塔

粕川町稲里_007.jpg 

粕川町月田202_003.jpg

 



タグ:石仏 史跡
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

稲里の石造馬頭観世音立像 [石造物]

石造馬頭観世音立像

馬頭観音石像 稲里520_003.jpg

 

名称 稲里の石造馬頭観世音立像
所在地 粕川町稲里481-1
備考 市指定文化財
 
馬頭観音石像 稲里520_005.jpg 馬頭観音石像 稲里520_007.jpg 
馬頭観音石像 稲里520_008.jpg
馬頭観音石像 稲里520_013.jpg 
しっかりと彫り込まれ、力強さを感じます。
馬頭観音石像 稲里520_002.jpg 
 

笠かぶり地蔵尊

笠かぶり地蔵尊_001.jpg

 

名称 笠かぶり地蔵尊
所在地 粕川町稲里481-1
備考 町指定文化財
笠かぶり地蔵尊_002.jpg 笠かぶり地蔵尊_004.jpg
 
前橋市粕川町稲里520_001.jpg 
地蔵尊の足元に祀られている聖観音菩薩
 
 

 
pracan-np_2.jpg
 

止めよう!市民監視(アベノリスク)五本の矢―秘密保護法/盗聴法/共謀罪/マイナンバー/監視カメラ

止めよう!市民監視(アベノリスク)五本の矢―秘密保護法/盗聴法/共謀罪/マイナンバー/監視カメラ

  • 作者: 盗聴法廃止ネットワーク
  • 出版社/メーカー: 樹花舎
  • 発売日: 2016/04
  • メディア: 単行本


監視社会の未来―共謀罪・国民保護法と戦時動員体制

監視社会の未来―共謀罪・国民保護法と戦時動員体制

  • 作者: 纐纈 厚
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/09
  • メディア: 単行本

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

桜塚古墳/粕川村第51号桜塚 [古墳]

 桜塚古墳粕川村51号墳_002.jpg 東から

桜塚古墳/粕川村第51号桜塚

名 称 桜塚古墳/粕川村第51号桜塚(上毛古墳綜覧)
史跡指定 なし
所在地 前橋市粕川町西田面
古墳群
築造年代
墳 形 円墳
大きさ 径12.7m(42尺)、高さ2.4m(8尺)
葺 石
埴輪配列
周 溝
埋葬施設
石 棺
出土遺物
調査歴
備 考

石郭有(上毛古墳綜覧) 

前橋市役所 粕川支所東隣


桜塚古墳粕川村51号墳_006.jpg 北から
桜塚古墳粕川村51号墳_004.jpg 北西から
 

 
粕川町稲里_002.jpg
 
粕川町稲里_004.jpg 
粕川町稲里の桜 
 
C7AyFpJVoAE9kXd.jpg
 

共謀罪を語る

共謀罪を語る

  • 出版社/メーカー: インシデンツ
  • 発売日: 2017/01/26
  • メディア: Kindle版


スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録

スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録

  • 作者: 小笠原 みどり
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞出版
  • 発売日: 2016/12/02
  • メディア: 単行本

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感