So-net無料ブログ作成
検索選択

内堀M-1号古墳、 荒砥村第57号古墳 [古墳]


内堀M-1号古墳


M-1P1.jpg 東より


名称 内堀M-1古墳、荒砥村第57号古墳(上毛古墳総覧)

史跡指定 なし

所在地 前橋市西大室町2269,2273-2

古墳群 大室古墳群

築造年代 6世紀後半

墳形 帆立貝式古墳

大きさ 主軸長35.2m、後円部径26.4m、高さ3.1m

前方部:幅17.8m、全長6.5m、周溝を含めた長さは37.4m

後円部:幅は28.6m、堀の外側まで含めると38.8m(後円部は歪んだ円

形を呈し南北に長い)

葺石

埴輪の配列 墳丘東側では基壇上に約3m間隔で円筒埴輪列

周溝 周堀が円形に

埋葬施設 横穴式両袖型石室、南北6.8m×東西5.7m(石材の痕跡と、石室掘り方の調査)

深さは奥壁付近で1.5m、入口付近で0.7m

玄室部全長約4m、奥壁部幅2.5m、羨道部長1.8m、幅1.36mと推定

石棺

出土遺物 師土器片7、須恵器片1、埴輪片153、形象埴輪と円筒埴輪片、靱や、大刀の破片

副葬品思われる鉄斧、鉗子、袋状鉄斧、小刀など

石室入口部左から墓前祭りで供献されたと推定される土師器の杯が7個出土。

埋葬主体部を取り囲むように大刀、盾、靱、騎などの器材埴輪群が配列されていた。

くびれ部から円筒埴輪2、馬、家など多くの形象埴輪群が検出。

埴輪の出土はくびれ部付近と、前方部前面が多く、盾及び盾持ち人の埴輪、形埴輪、 本古墳の被葬者と思われる冠帽を被った男子像の埴輪などはがこの付近から出土。

墳頂部から須恵器の大甕(太田金山窯杜群の製品)

備考 埋葬主体部は既に石材の殆どが動かされ、炭窯などで利用たと思われる。

墳丘は山寄せに構築され、後円部北側、東側、埋葬主体部の前面の後円部の南側の3 箇所に周溝を掘り残した所謂、渡り状施設が設けられていた。

 

内堀M-1号墳_001.jpg 南より

内堀M-1号墳_004.jpg 南西より

M-1測量図.jpg

 参考文献、図の出典:内堀遺跡群Ⅱ 大室公園整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査概報 前橋市埋蔵文化財発掘調査団(1989

 


 
 

拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々

拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々

  • 作者: 蓮池 透
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/12/18
  • メディア: 単行本


ハンセン病 日本と世界 (病い・差別・いきる)

ハンセン病 日本と世界 (病い・差別・いきる)

  • 作者: ハンセン病フォーラム=編
  • 出版社/メーカー: 工作舎
  • 発売日: 2016/02/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


ハンセン病療養所に生きた女たち

ハンセン病療養所に生きた女たち

  • 作者: 福西征子
  • 出版社/メーカー: 昭和堂
  • 発売日: 2016/06/30
  • メディア: 単行本

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

内堀4号古墳 [古墳]


内堀4号古墳


内堀4号墳P1.jpg 

復元された墳丘と埴輪群

 


名称 内堀4古墳


史跡指定 なし


所在地 前橋市西大室町2510


古墳群 大室古墳群


築造年代 6世紀後半


墳形 円墳


大きさ 東西185m、南北202m


葺石 上段、下段ともに葺石は検出されていない。


埴輪の配列 下段平坦面から、円筒埴輪6本、形象埴輪の人物埴輪7個体、馬形埴輪2個体。


円筒埴輪は下段平坦面の南側石室の入り口を挟むように検出。小二子古墳のものと同様 2条突帯。


人物埴輪は石室の入口の東側で検出。

墳頂部には器材埴輪の設置が推測される。

周溝 周堀は全周、墳丘の北側の周堀内に幅約2mの渡り施設

埋葬施設 袖無型横穴式石室、玄室長3.5m、奥壁幅1.4m、玄室入口幅0.7m、現存の高さ1.5m

羨道は長さ約15mで緩やかに傾斜し、羨道と玄室の境の床面には、梱石があったと推測


石棺


出土遺物 石室:埴輪片、須恵器片等


形象埴輪:形象埴輪は、人物・馬・盾・靹・大刀・靱の6種類。

人物埴輪:石室の東側の下段平坦面に一列で設置、石室の入口に近い方から、 女性3個、男性2個、馬形埴輪2個、馬形埴輪の前足の墳丘側に男性2個が設置、 墳頂部:盾・靹・大刀・靱が設置されたと推定

墳丘須恵器大甕が2須恵器の杯蓋、醜、高杯と思われる破片。

周堀内:土師器の杯4点、高台椀1点。

副葬品:埴輪片や鉄片。

石室:直刀片が4点、鉄鍬片1点。


備考 内堀4号墳は小二子古墳の南約150m、北から南に緩やかな傾斜面地位置する。

外縁部には旧地形を改変した様子は認められないが、下段は地山削り出しと盛土に。

石室のほとんどの石は後の石取りのために抜き取られていた。


内堀4号墳_007.jpg
  南西より 調査報告書では葺石は確認されていないが、墳丘に葺石が再現されている。
 
内堀4号古墳.jpg 墳丘測量図
内堀4号古墳石室.jpg 石室測量図
 
  出典:内堀遺跡群X (前橋市埋蔵文化財発掘調査団)
 
 

 

([と]1-2)あん (ポプラ文庫)

([と]1-2)あん (ポプラ文庫)

  • 作者: ドリアン助川
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2015/04/03
  • メディア: 文庫


ハンセン病絶対隔離政策と日本社会 (無らい県運動の研究)

ハンセン病絶対隔離政策と日本社会 (無らい県運動の研究)

  • 作者: 無らい県運動研究会
  • 出版社/メーカー: 六花出版
  • 発売日: 2014/05/11
  • メディア: 単行本


今日、私は出発する―ハンセン病と結び合う旅・異郷の生

今日、私は出発する―ハンセン病と結び合う旅・異郷の生

  • 作者: 姜 信子
  • 出版社/メーカー: 解放出版社
  • 発売日: 2011/11/17
  • メディア: 単行本

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小二子古墳 [古墳]

小二子古墳

小二子古墳56_b.jpg 南より

 

名称 小二子古墳

史跡指定 国指定史跡

所在地 前橋市西大室町

古墳群 大室古墳群

築造年代 6世紀後半

墳形 前方後円墳(2段築成)

大きさ 墳丘全長439m、幅394m、高さ54m、面積1225

基壇面:地山を掘削して造成、全長38m、幅304m、高さ54m

墳丘上段:盛土で全長25Om、幅145m

葺石

埴輪の配列 円筒埴輪列:基壇面に8090本と推定

墳頂部:前方部の鞍部に人物を中心に配列、後円部に器財群を中心にした配列

周溝 周堀全周し、山側の前方部では幅1118m、深さ0307mと狭く浅い、

後円部側は幅6m、深さ12m

埋葬施設 袖無型横穴式石室、全長6m、奥壁幅18m、高さ18m

玄室部の壁石は根石痕から、東西とも3石で構成され、奥壁は1石で構成。

石棺

出土遺物 石室入口の前面から土師器杯8個と須恵器提瓶1

墳丘:円筒埴輪8090個体、朝顔形円筒埴輪10個体前後、形象埴輪26個(人物 8、馬2・盾2・家1・靹2・靱4・大刀4・窮3)、土師器杯形土器8個、須恵器提瓶1

石室:直刀3点、ガラス製小玉14点、刀子1点、鉄鍍10数点、弓金具9点、須恵器提 1

備考 流れ山の急斜面が緩斜面へ変化する地点と後二子古墳の挟まれた区域に築造。

 小二子古墳と同時期のもので、形態が類似する古墳赤城山南麓の前橋市東部、粕川地区、赤堀地区の粕川流域に10数例分布し、この地域の特色ともいえる。この中で石室が確認できたものでは袖無型横穴式石室が主体、片袖型横穴式石室も存在したが、両袖型横穴式石室は認められなかった。他の共通点は、南に開口する石室はやや西に向き、後円部より前方部が低いことがあげられる。また、埴輪の配置では、人物群が鞍部、器財群が後円墳頂部と2群に分ている。墳丘の規模が3040mの中規模クラスの古墳で、基壇面では帆立貝式古墳の形状をとり、上段墳丘では前方後円墳の形態をとる。

 円筒埴輪:小形普通円筒埴輪は8090本、朝顔形円筒埴輪は10本前後と推定

埴輪配列は下段平坦面と鞍部、後円墳頂部の3カ所に巡らされ、隣接する内堀1号墳と墳丘の規模・形態・埴輪組成・時期等、下段平坦面の円筒埴輪列は、配置や設置斉れた問隔もで共通する。

 象埴輪配列は後円部墳頂(家・器財)と鞍部付近(人物・馬)と2群に分かれ(綿貫観音山古墳等の6世紀後半の大型前方後円墳の埴輪配列と相違点がある。

 埴輪の一部に海綿骨針と結晶片岩砂粒が混入していることから、藤岡市の埴輪生産地から供給された埴輪の存在がうかがわれる。

 

小二子古墳p3.jpg 墳頂部の埴輪群

 

小二子古墳57.jpg 石室入口

 

小二子古墳.jpg 墳丘測量図

出典:「大室古墳群 保存整備事業報告書」

 

 

 

 


 

「戦争のできる国」ではなく「世界平和の要の国」へ

「戦争のできる国」ではなく「世界平和の要の国」へ

  • 作者: 金平茂紀
  • 出版社/メーカー: あけび書房
  • 発売日: 2016/05/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


戦争のできる国へ 安部政権の正体

戦争のできる国へ 安部政権の正体

  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2014/03/13
  • メディア: Kindle版

 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

後二子古墳 [古墳]


後二子古墳

後二子古墳P1.jpg 南より 

名称 後二子古墳

史跡指定 国指定史跡

所在地 前橋市西大室町

古墳群 大室古墳群

築造年代 6世紀中葉~7世紀前半

墳形 前方後円墳、2段(一部地山)

大きさ 外堀での計測:全長1060m、幅800m、面積7000

墳丘で計測:全長850m、前方部幅595m、後円部径480m、高さ111m

基壇面は地山削り出しと盛土、上段は盛土によって構成。

葺石 なし

埴輪の配列 基壇面、墳頂部に約400本の埴輪列

墳頂部に家、盾、大刀、靱、騎、靹などの器財埴輪が設置

周溝 馬蹄形の周堀、「わたり」を備える。

埋葬施設 両袖形横穴式石室(基壇面の地山を掘り込んで造成)

全長895m、幅265m、高さ22m

羨道、玄室で構成され羨道部の椎石に段が設けられ、1段下がり玄室に

羨道長114m、幅17527m、基壇面からの深さは0809m

石棺

出土遺物 明治11年石室開口時:直刀2、鍔1、大刀金具1、大刀破片、小刀2、鉄鍍、

轡破片、耳環11、高杯1、提瓶1、歯3

2005.3調査時:歯3(老齢にいたっていない女性と鑑定

石室前面部の祭祀跡墓道の両側から焼土跡3カ所と土師器杯形土器18

同鉢形土器1、同甕形土器1、小刀1、鉄津2

この他、須恵器高杯形土器2、同腿形土器1、普通円筒埴輪、朝顔形円筒埴輪、

人物形埴輪、馬形埴輪、盾形埴輪、靱形埴輪、靹形埴輪、騎形埴輪、大刀形埴輪、

動物形小像付き円筒埴輪のほか土師器甕形土器、同鉢形土器、同杯形土器、

須恵器甕形土器、高杯形土器、遽形土器、小刀、鉄津、

動物形小像付き円筒埴輪:親子猿1、猿1、犬12種類、3個体 

備考  赤城山体崩壊によって形成された「流れ山」の東斜面上に位置する。

 前二子古墳や中二子古墳と比較すると、前二子古墳や中二子古墳基壇が墳丘下に隠れてしまう(隠し基壇)が、後二子古墳小二子古墳では幅広い基壇を有効的に活用し1段目としている

 形象埴輪のうち馬形埴輪の杏葉は大阪市四天王寺宝物館所蔵の伝群馬県出土「人が乗馬」の杏葉と類似するとは、四天王寺蔵の埴輪が後二子古墳から出土したとも考えられるが、同一工人の手によって製作された複数の埴輪のうち、1つが後二子古墳に設置されたとも考えられる。

 

 後二子古墳p3_001.JPG 南西より

後二子古墳43.jpg 石室入口

後二子古墳42.jpg 石室入口の埴輪配列

後二子古墳P2.jpg 玄室部

後二子古墳47.jpg 羨道部から石室入口

後二子古墳測量図_01.JPG 墳丘測量図

出典:「大室古墳群 保存整備事業報告書」

後二子古墳石室測量図_002.JPG 石室測量図

出典:「大室古墳群 保存整備事業報告書」

 

 


 

日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか

日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか

  • 作者: 矢部 宏治
  • 出版社/メーカー: 集英社インターナショナル
  • 発売日: 2016/05/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


「戦争のできる国」ではなく「世界平和の要の国」へ

「戦争のできる国」ではなく「世界平和の要の国」へ

  • 作者: 金平茂紀
  • 出版社/メーカー: あけび書房
  • 発売日: 2016/05/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中二子古墳 [古墳]


中二子古墳


中二子古墳p3.jpg 東より


 

名称 中二子古墳

史跡指定 国指定史跡

所在地 前橋市西大室町

古墳群 大室古墳群

築造年代 6世紀初前半(前二子古墳と中二子古墳が近接しているが、埴輪や出土遺物から中二子古墳が後と思われるが、一部の遺物に前二子古墳に先行する可能性がある。)

墳形 前方後円墳(2段築成)

大きさ 全長1698m、全幅1378m(含む外堀)、

墳丘全長111m、前方部:幅788m、高さ13883m

後円部:径658m、高さ137.5m

葺石 上段墳丘斜面部と下段墳丘斜面部、中堤の一部内面

埴輪の配列 中堤の南側に古墳を警護する盾持人物埴輪が密に配置。

後円部南側の中堤部分に形象埴輪群と須恵器がまとまって配置。

周溝 全周する外堀と中堤(上幅611m上面両側には2列の埴輪列が存在、南側半分の外縁部には盾持人物埴輪が密に設置、南からの視点を意識して内面北半分には葺石が施工されていた。)

内堀:幅は前方部で12m、後円部で15m、くびれ部で最大25m、周堀底面の標高差が著しいため、全面的に水を湛えることは難しい。

埋葬施設

石棺

出土遺物 普通円筒埴輪、朝顔形円筒埴輪、人面付円筒埴輪、器財形埴輪(大刀・盾・靱・騎・盾持人物)、人物埴輪、土師器、須恵器

備考 北西の流れ山から緩やかに南東に延びる丘陵に立地する。丘陵先端部に前二子古墳が立地し、その後ろに中二子古墳が築造される。

墳丘下段は地山削り出しと盛土、葺石で造られ、上段は盛土と葺石で構成。

中堤にも盛土がなされ、北側部分の内面には葺石が施工される。

盾持人物形埴輪と靱形埴輪に数個の小孔が認められた。

 

中二子古墳p1.jpg 南東より

中二子古墳27.jpg 中堤に再現された埴輪列

中二子古墳_01.JPG 墳丘測量図

出典:「大室古墳群 保存整備事業報告書」

 

 


 
 

沖縄と海兵隊 駐留の歴史的展開

沖縄と海兵隊 駐留の歴史的展開

  • 作者: 屋良 朝博
  • 出版社/メーカー: 旬報社
  • 発売日: 2016/05/27
  • メディア: 単行本


沖縄の不都合な真実 (新潮新書)

沖縄の不都合な真実 (新潮新書)

  • 作者: 大久保 潤
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/01/16
  • メディア: 単行本


沖縄と本土――いま、立ち止まって考える 辺野古移設・日米安保・民主主義

沖縄と本土――いま、立ち止まって考える 辺野古移設・日米安保・民主主義

  • 作者: 翁長雄志
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2015/10/07
  • メディア: 単行本

 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

前二子古墳 [古墳]


前二子古墳


前二子古墳北.jpg 北より 

 

名称 前二子古墳

史跡指定 国指定史跡

所在地 前橋市西大室町

古墳群 大室古墳群

築造年代 6世紀初頭

墳形 前方後円墳2筑成(一部地山)

大きさ 墳長94m高さ14m、周堀・周堤・外周溝含めると148m15900平方m

葺石 上段墳丘下半分

埴輪の配列 円筒埴輪は墳丘に1340本ほどが樹立されていたと思われる。

周溝 周堀、外堤、外周溝

埋葬施設 両袖形横穴式石室、全長13.8m、横穴式古墳の出現期のもの

羨門玄門扉石を有し、床に凝灰岩切石敷し、石室面にベンガラを塗布

羨道:長さ8.25m、幅1.35m、高さ1.81

玄室:長さ5.15m、幅2.02m、高さ1.80

石棺

出土遺物 石室:装身具(金製耳管2ガラス製青色丸玉451・ガラス製緑色小玉17・ガラス製黄色小玉、水晶製丸玉15・碧玉製管玉6・滑石製管玉1・滑石製臼玉2・銀製空玉3)、武器(捩り環頭太刀1・鉄鉾刃部2・鉄鉾石突2・直刀1・鉄鏃112)、馬具(剣菱形杏葉4・双葉剣菱形杏葉4f字型鏡板付轡1セット・辻金具類・鞍金具片・輪鐙)、農耕具(ミニチュア農耕具・斧2・刀子1・鋤1・針20)、鉤状金具20、須恵器(小像付筒型器台1・高坏型器台2・提瓶2・直口壺1・高坏3)、土師器(台付壺1・高坏4・坏2・坩1)

墳頂:円筒埴輪と家型・太刀などの形象埴輪

墳丘一段目テラス:石見型埴輪と人物埴輪

外堤:人物埴輪が出土

備考
 前二子古墳は
1878(明治11)に発掘され、明治政府の陵墓探索の動きをうけ、前二子古墳と後二子古墳の石室が発見、開口された。前二子古墳を豊城入彦命の陵墓として上申されたが、決定的な根拠がなく、陵墓指定はされなかった。

 1880(明治13)にアーネスト・サトウ(イギリスの外交官で、幕末来日、討幕運動に影響を与えた人物)が発掘の話を聞き、画家を東京から同行精密画で記録させ、また石室内の赤い顔料のベンガラを持ち帰り、科学者に化学分析を依頼、分析している。

 兆域全長148m、墳形の全長は94m、後円部径69m、前方部の幅が65m、高さ14mあります。墳丘は2段築成の前方後円墳で、上段墳丘には葺石がありました。また周囲には円筒埴輪が巡らされ、総数1340本が使われたと考えられています。床面敷石、扉石などには笠懸町天神山の凝灰岩が使われています。

 副葬品の鉤状金具(石室や棺を布幕で覆うのに使われたと思われ、百済の武寧王陵や慶尚南道の松鶴洞1号墳でも同様の金具が発見されている。)また小像付筒型器台(朝鮮半島では新羅の慶州を中心に多数発見されている)は日本ではほとんど例はない。石見型埴輪は儀杖や玉杖を模したものと考えられ、同じ形をした木製品が朝鮮半島の月桂洞1号墳から出土している。

 

前二子古墳西(2).jpg 西より

前二子古墳南.jpg 南より

前二子古墳南 (2).jpg 石室入口

前二子古墳羨道部.jpg 羨道部

前二子古墳羨道部奥から.jpg 羨道部奥より

前二子古墳玄室.jpg 玄室

前二子古墳墳丘 (2)_01.JPG 前二子古墳墳丘測量図

前二子古墳石室 (2).jpg 石室測量図 

出典:「大室古墳群 保存整備事業報告書」

 

 


 

「憲法改正」の真実 (集英社新書)

「憲法改正」の真実 (集英社新書)

  • 作者: 樋口 陽一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/03/17
  • メディア: 新書


民主主義教育21 vol.8(2014.5) 現代政治と立憲主義 (民主主義教育21 Vol. 8)

民主主義教育21 vol.8(2014.5) 現代政治と立憲主義 (民主主義教育21 Vol. 8)

  • 作者: 全国民主主義教育研究会
  • 出版社/メーカー: 同時代社
  • 発売日: 2014/05/08
  • メディア: 単行本


平和の敵 偽りの立憲主義

平和の敵 偽りの立憲主義

  • 作者: 岩田 温
  • 出版社/メーカー: 並木書房
  • 発売日: 2015/10/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大室古墳群 [古墳]

赤城山南麓の変遷


 赤城火山斜面と呼ばれる赤城山南麓のなだらかな斜面は、第四紀洪積世に活動を始めたと考えられている赤城火山の火山砕屑物・火山砕屑岩が主たる構成要素で、それらの上を赤城・榛名・浅間山等の火山によ火山灰が風化し形成したローム層が厚くおおっている。また、赤城火山斜面上には多数の中小河川が南下しているため、河川の開析によって発達する舌状台地、土砂の流下による沖積地、裾野扇状地を発達させている。その流域に広がる肥沃な沖積地を控えた台地が発達している。この台地上を中心に多くの古墳が群在し、群馬県有数の古墳密集地域を形成している。また、その期問は初期古墳の群集墳を中心とした4世紀から7世紀末までに及んでいる。

 

大室古墳群

 大室古墳群は赤城山の南麓に分布し、前二子古墳中二子古墳後二子古墳の三基の大型前方後円墳を中心に築造されている。前二子山古墳・中二子古墳・後二子古墳の順に、6世紀初頭から6世紀後半にかけて築造されたと推定されている。


 全体では10以上の大小の古墳が点在しており19911996年の調査で、前二子古墳と中二子古墳、後二子古墳と小二子古墳、内堀1号墳の2群に分かれた時期変遷が考えられている。 

 

大室古墳群.jpg

出典:「大室古墳群 保存整備事業報告書」 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感