So-net無料ブログ作成

茶ノ木古墳 [古墳]

茶ノ木古墳 / 駒寄村94号古墳(上毛古墳総覧)

 名称 茶ノ木古墳

史跡指定 なし

所在地 吉岡町漆原茶ノ木1005-5

古墳群

築造年代

墳形 円墳

大きさ

葺石

埴輪の配列

周溝

埋葬施設

石棺

副葬品

備考 上毛古墳総覧では「石郭用石有」

天井石とみられる巨石が露出

駒寄村94号古墳と推定

 

茶ノ木古墳17.jpg 東より茶ノ木古墳18.jpg茶ノ木古墳19.jpg 巨石が

 



 
 

宝の海をまもりたい 沖縄・辺野古

宝の海をまもりたい 沖縄・辺野古

  • 作者: いんやくのりこ
  • 出版社/メーカー: 現代思潮新社
  • 発売日: 2016/01/22
  • メディア: 単行本


沖縄と本土――いま、立ち止まって考える 辺野古移設・日米安保・民主主義

沖縄と本土――いま、立ち止まって考える 辺野古移設・日米安保・民主主義

  • 作者: 翁長雄志
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2015/10/07
  • メディア: 単行本

 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

南下E号古墳 [古墳]

   南下E号古墳

 

 E墳26-1_001.jpg

 

名称 南下E号古墳

史跡指定 町指定史跡

所在地 北群馬郡吉岡町南下

古墳群 南下古墳群

築造年代 7世紀末

墳形 方墳 (未調査のため詳細は不明)

大きさ 1辺約17m、石室床面から墳頂の高さ約2.8

葺石 不明

埴輪の配列 埴輪片確認されていない

周溝

埋葬施設 両袖型横穴式石室、載積切組積 南に開口

玄門有、石室入口の構造から前庭を有する可能性大

角閃石安山岩の使用、天井石は大石2石+小石

玄室側壁は主に長方形の載石を横に4~5段で切り組手法

玄室前壁は載石の玄門柱と自然石の冠石

載石の切り口と切り組手法の石材には、朱線が残存

石室全長4.3m、玄室長2.7m、幅1.9m、高さ1.8

弦門部口0.8m、奥行0.3m、高さ0.78

義道長さ1.2m、幅1.17m、奥行き1

石棺

副葬品

備考 標高約190mの南向き斜面に造られている山寄古墳。

石材の加工法は南下A号古墳に共通

石室のサイズから唐尺の利用を推定

 

E墳26-1_013.jpg 西よりE墳26-1_002.jpgE墳地形断面図_01.JPG 群馬県史資料編3より E墳26-1_006.jpg 東壁面E墳26-1_012.jpg 西壁面

     東西の壁面には石の加工用に利用された朱線が確認できます。

E墳26-1_007.jpg 奥壁E墳26-1_010.jpg 天井石

E3.jpg 群馬県史資料編3より 

 

 

南下E号墳1_29_002.jpg

 


 
 
吉岡町漆原_001.jpg 

宝の海をまもりたい 沖縄・辺野古

宝の海をまもりたい 沖縄・辺野古

  • 作者: いんやくのりこ
  • 出版社/メーカー: 現代思潮新社
  • 発売日: 2016/01/22
  • メディア: 単行本


沖縄と本土――いま、立ち止まって考える 辺野古移設・日米安保・民主主義

沖縄と本土――いま、立ち止まって考える 辺野古移設・日米安保・民主主義

  • 作者: 翁長雄志
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2015/10/07
  • メディア: 単行本

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

南下D号古墳 [古墳]

  南下D号古墳

 

南下D号墳1_29_009.jpg 

 


名称 南下D号古墳

史跡指定 町指定史跡

所在地 北群馬郡吉岡町南下

古墳群 南下古墳群

築造年代 7世紀中葉

墳形 円墳

大きさ 13

葺石 なし

埴輪の配列 なし

周溝

埋葬施設 玄門を有する両袖型横穴式石室で南西に開口 

自然石、乱石積で加工はされていない。

奥壁は巨石2つを2段積、玄室側面は山石の23段積

天井石は壁石と同質で義道部3石、玄室部4石

全長6m、玄室中央部長2.7m、幅1.5m、高さ1.7

義道中央部長3.3m、幅1.14m、高さ1.25

玄室入り口の袖は羨道壁からせり出させ、玄門を意識したと考えられる。

天井は羨道より玄室が40cm高く、その境の天井石は羨道部より20cm下げられ、 冠石 なのかもしれない。

石棺

副葬品等 義道前で土師器杯1

備考 東向きの丘陵斜面を利用して造られている。

玄室入り口部天井には大きな穴が開いていた(盗掘跡)。

唐尺の利用

墳丘の高まりは認められない。

 

D地形.jpg  群馬県史資料編3 より

 

南下D号墳1_29_004.jpgD墳80.jpgD墳26-1_005.jpgD墳26-1_008.jpgD墳26-1_010.jpg 南下D0.jpg

 

 

 


 
 
ロウバイ85.jpg
  今日の1枚 「ロウバイとベンチ」 
 

立憲主義について 成立過程と現代 (放送大学叢書)

立憲主義について 成立過程と現代 (放送大学叢書)

  • 作者: 佐藤 幸治
  • 出版社/メーカー: 左右社
  • 発売日: 2015/04/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
    立憲主義と日本国憲法 第3版

    立憲主義と日本国憲法 第3版

    • 作者: 高橋 和之
    • 出版社/メーカー: 有斐閣
    • 発売日: 2013/09/21
    • メディア: 単行本



南下C号古墳 [古墳]


  南下C号古墳

 

 南下C号墳1_29_006.jpg


名称 南下C号古墳

史跡指定 町指定史跡

所在地 北群馬郡吉岡町南下

古墳群 南下古墳群

築造年代 6世紀中~後期

墳形 円墳

大きさ 径約15m、高さ4

葺石

埴輪の配列 あり

周溝

埋葬施設 袖無し型横穴式石室 自然石乱石積

石棺

副葬品

備考 南下古墳群の中で一番古いと思われる。

 

南下C号墳1_29_001.jpg南下C号墳558.jpgC墳26-1_002.jpgC墳26-1_004.jpg 石室奥壁C墳26-1_010.jpg 南壁面C墳26-1_006.jpg 天井石

 

 

 



 
高圧線工事_005.jpg 
今日の1枚 「送電線点検」
 
 

憲法入門

憲法入門

  • 作者: 樋口 陽一
  • 出版社/メーカー: 勁草書房
  • 発売日: 2013/03
  • メディア: 単行本
    近代国民国家の憲法構造

    近代国民国家の憲法構造

    • 作者: 樋口 陽一
    • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
    • 発売日: 1994/04
    • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

南下B号古墳 [古墳]


  南下B号古墳


名称 南下B号古墳

史跡指定 町指定史跡

所在地 北群馬郡吉岡町南下

古墳群 南下古墳群

築造年代 7世紀中葉 AE号古墳より早い時期

墳形 円墳

大きさ 22m、高さ約5.2m

葺石 不明

埴輪の配列 不明

周溝 不明

埋葬施設 両袖型横穴式石室 自然石乱石積、玄門、奥壁の一部載積積

壁石に粘土を詰めた痕跡がある。 南向きに開口

義道 長さ 3.74m、幅 4.1m、高さ 1.2

玄室 長さ 3.45m 幅 2.5m 高さ 3

石棺

副葬品等 開口時期が古いため不明

備考 石室の規模に対し天井が高く造られ、畿内文化の影響が強く見られる。

 

B号墳P2.jpg

B墳49.jpg

B墳地形.jpg (パンフレットより)

南下B号墳_002.jpgB墳26-1_016.jpgB墳26-1_010.jpg 石室西壁

B墳26-1_015.jpg 石室東壁

B墳26-1_021.jpg 石室奥壁と天井石 

B墳.jpg (群馬県史3より)

南下B5.jpg

 

 

 
ちびり.jpg
    数日前に降った雪がまだ解けず、そして今朝の-4℃でちびったのかな?
 

白熱講義! 日本国憲法改正 (ベスト新書)

白熱講義! 日本国憲法改正 (ベスト新書)

  • 作者: 小林 節
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 2013/04/22
  • メディア: 新書


聞け!オキナワの声: 闘争現場に立つ元裁判官が辺野古新基地と憲法クーデターを斬る

聞け!オキナワの声: 闘争現場に立つ元裁判官が辺野古新基地と憲法クーデターを斬る

  • 作者: 仲宗根 勇
  • 出版社/メーカー: 未来社
  • 発売日: 2015/09/16
  • メディア: 単行本

 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

南下古墳群 / 南下A号古墳 [古墳]

 南下古墳群

 南下古墳群は榛名山東麓の平坦な裾野の低い丘陵地に存在し、丘陵の東は平坦地が連なり、利根川になっている。北、西、南側は榛名山を水源地とする河川によってできた扇状地の末端の南向き斜面に位置している。この地帯には古墳が多く存在し、南下古墳群を形成している。昭和13年発行の上毛古墳総覧では180基の古墳が記載されている。

南下古墳群9.jpg(群馬県史資料編3より)

 

 南下A号古墳

A号墳AP5.jpg 

 名称 南下A号古墳

史跡指定 町指定史跡

所在地 北群馬郡吉岡町南下

古墳群 南下古墳群

築造年代 7世紀末

墳形 円墳 きわめて高く、原型が保たれている。

基底部から1.6mまでは暖傾斜、それより上部は急傾斜。

大きさ 東西約27m、南北約20m

葺石 不明

埴輪の配列 不明

周溝 不明

埋葬施設 両袖型横穴式石室 主軸は真南を向く、載積切組積

義道、玄門、玄室の構成

石室全長7.77m

玄室 長さ3.25m 幅2.4m 高さ2.4

玄門 開口1.2m 奥行0.5m

義道 長さ3.95m 幅1.58m 高さ1.55

石材は角閃石安山岩が主で、全て載石、角は全て直角に加工

石棺

副葬品 不明

備考 傾斜地に山寄に構築されている。

天井石下面、玄門冠石の下端はわずかなふくらみ。

石室構築には唐尺使用。

 

南下A号墳_001.jpg

  

 現在は石室崩壊の危険の恐れがあるため、石室内への立ち入りは許可が必要です。

 

A号墳P2.jpg

A墳26-1_004.jpg 

A墳石室展開図.jpg (現地パンフレットより)

石室構築に利用した唐尺による朱線の位置が示されている。 

 

A墳羨道天井_007.jpg 羨道部天井石

 

 

 

 


 
 

個人と国家―今なぜ立憲主義か (集英社新書)

個人と国家―今なぜ立憲主義か (集英社新書)

  • 作者: 樋口 陽一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2000/11
  • メディア: 新書


憲法と平和を問いなおす (ちくま新書)

憲法と平和を問いなおす (ちくま新書)

  • 作者: 長谷部 恭男
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2004/04/07
  • メディア: 新書

 

大林01号古墳 (南下F号墳)・大林02号古墳 ・大林03号古墳 [古墳]

  大林01号古墳 

 

名称 大林01号古墳(南下F号墳)

史跡指定 町指定史跡

所在地 吉岡町南下大林1318

古墳群 大林古墳群

築造年代 不明

墳形 円墳

大きさ 21m、高さ4.5m

葺石 不明

埴輪の配列 不明

周溝

埋葬施設 横穴式石室?

石棺

副葬品

備考

  村誌では羨道天井石露出とあるが、確認できなかった。

 

大林1号墳5.jpg 南下F号墳1_29_004.jpg南下F号墳1_29_002.jpg

 

 


  大林02号古墳 
 

名称 大林02号古墳

史跡指定 なし

所在地 北群馬郡吉岡町南下

古墳群 大林古墳群

築造年代

墳形 円墳

大きさ 20m、高さ2.5m

葺石 不明

埴輪の配列 不明

周溝

埋葬施設 南向きに開口しているが、埋没しているらしい。

石棺

副葬品

備考
 
大林02号古墳_002.jpg大林02号古墳_001.jpg
 
 
 

  大林03号古墳 
 

名称 大林03号古墳

史跡指定 なし

所在地 北群馬郡吉岡町南下

古墳群 大林古墳群

築造年代

墳形

大きさ 12m、高さ1.5m

葺石

埴輪の配列

周溝

埋葬施設 石室は埋没しているらしい。

石棺

副葬品

備考 石室材と思われる巨石が散乱、遺跡地図では石室埋没。
 
大林03号古墳_002.jpg大林03号古墳_001.jpg
 
 

 

翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走

翁長知事と沖縄メディア 「反日・親中」タッグの暴走

  • 作者: 仲新城誠
  • 出版社/メーカー: 産経新聞出版
  • 発売日: 2015/11/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


戦う民意

戦う民意

  • 作者: 翁長 雄志
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/12/10
  • メディア: 単行本

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宮後古墳 ・宮代古墳  (吉岡町) [古墳]

名称 宮後古墳

史跡指定

所在地 吉岡町大久保宮後3208-1

古墳群 南下東部溝祭古墳群

築造年代

墳形

大きさ 16m、高さ3m

葺石

埴輪の配列

周溝

埋葬施設 羨道:長さ1m、幅0.85m、高さ0.7m、玄室:長さ2.2m、幅1.5m、高さ1.6m

石棺

副葬品

備考

 石室は陥没し、保存されているらしい。

宮後古墳_003_01.jpg

 

 


宮代古墳 

 

名称 宮代古墳

史跡指定

所在地 北群馬郡吉岡町南下

古墳群

築造年代

墳形

大きさ

葺石

埴輪の配列

周溝

埋葬施設

石棺

副葬品

備考

 墳頂部は墓地になっており、良く分からない。 
 
宮代古墳25.jpg宮代古墳24.jpg 南より宮代古墳26.jpg 西より
 
 

 

写真ドキュメント 沖縄「辺野古の海」は、いま: 新しい巨大米軍基地ができる

写真ドキュメント 沖縄「辺野古の海」は、いま: 新しい巨大米軍基地ができる

  • 作者: 新藤 健一
  • 出版社/メーカー: 七つ森書館
  • 発売日: 2015/06/16
  • メディア: 単行本


沖縄と本土――いま、立ち止まって考える 辺野古移設・日米安保・民主主義

沖縄と本土――いま、立ち止まって考える 辺野古移設・日米安保・民主主義

  • 作者: 翁長雄志
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2015/10/07
  • メディア: 単行本

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

穴薬師古墳 (吉岡町) [古墳]

名称 穴薬師古墳

史跡指定 町指定史跡

所在地 吉岡町大久保乙溝祭3144

古墳群 南下東部溝祭古墳群

築造年代 古墳時代後期の古墳

墳形

大きさ 12尺(約3.6m)、高さ8尺(約2.4m

葺石

埴輪の配列

周溝

埋葬施設 横穴式石室、自然石乱石積

石棺

副葬品


備考

 石室が県道路沿いに開口し、ケヤキの巨木の根に飲み込まれ、自然石の側壁が一部が残されている。



 石室内と思われるところに、石造薬師像が安置されている。

穴薬師古墳14_001.jpg穴薬師古墳0.jpg穴薬師古墳2.jpg

 

 


 

テレビが伝えない憲法の話 (PHP新書)

テレビが伝えない憲法の話 (PHP新書)

  • 作者: 木村 草太
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2014/04/16
  • メディア: 新書


みんなが聞きたい 安倍総理への質問

みんなが聞きたい 安倍総理への質問

  • 作者: 山本 太郎
  • 出版社/メーカー: 集英社インターナショナル
  • 発売日: 2016/01/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三津屋古墳 [古墳]

 三津屋古墳

 三津屋古墳 2.jpg

名称 三津屋古墳

史跡指定 県指定史跡

所在地 北群馬郡吉岡町大字大久保字三津屋

古墳群

築造年代 7世紀中頃

墳形 正八角形 二段構築

大きさ 1辺約9m(下段)、6m(上段)、高さ約4.5m

葺石 下段は山石、上段は扁平な川原石

埴輪の配列 なし

周溝 周掘あり

埋葬施設 横穴式石室、自然石乱石積で南に開口、玄室奥壁中央が八角形の中央

石棺

副葬品等 調査時には既に破壊さ、副葬品は見つかっていない

備考

 八角形の古墳は、全国でも10例程度見つかっており、畿内地方(奈良県、京都府南部、大阪府、兵庫県南東部)の天皇とその一族に限られると考えられている。

 御廟野古墳(天智天皇陵)、野口王墓古墳(天武・持統天皇陵)、段ノ塚古墳(舒明天皇陵)など天皇陵にしか用いられてない墳形です。

 関東地方では東京の稲荷塚、山梨の経塚などに見られます。

 

 三津屋古墳14_004.jpg

三津屋古墳平面図.jpg

三津屋古墳-2_005.jpg

   石室の周りの土は版築的に異なる種類の土を交互に入れ、つき固めて再現がされている。

 三津屋古墳-2_011.jpg三津屋古墳-2_007.jpg 

  石室かなり壊されていて、発掘時の状態を古墳内に再現してあります。  

 墳丘の設計には唐尺(1尺=約30㎠)の利用が推定されている。

 八角形古墳の全体が調査できた例としてはまれで、資料的価値が高い。

 


 
 

戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ): 辺野古・高江からの祈り

戦場ぬ止み(いくさばぬとぅどぅみ): 辺野古・高江からの祈り

  • 作者: 三上 智恵
  • 出版社/メーカー: 大月書店
  • 発売日: 2015/06/10
  • メディア: 単行本


沖縄の米軍基地 ─「県外移設」を考える (集英社新書)

沖縄の米軍基地 ─「県外移設」を考える (集英社新書)

  • 作者: 高橋 哲哉
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/06/17
  • メディア: 新書

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
木げの散歩道